施工管理の仕事について語ります

施工管理に必要な資格

建築における資格については多少なりとも存在しますが、施工管理における資格については大きいくくりとして一つしか存在しません。その資格というものは「建築施工管理技士」というものです。

この資格には1級と2級の階が存在しそれらについて簡単に説明させていただきます。この建築施工管理技士というものは1級においても2級においても合格率についてはそれぞれ約50%、約60%程度という値になっております。

その中でも2級に関しては受験資格という概念が受験内容によっては存在せず、他の多くも短い期間の実務期間で受験できるということで非常に受験に幅が広いものとなっております。しかしながら1級の受験資格としては大学や専門学校などの卒業後長い年月の実務期間が必要となり最も環境が悪い場合その個人の経歴によっては10年以上の実務経験の後に受験資格を獲得するものも存在するほどです。

2級の受験内容としては受験資格としての実務経験が短いことから実地試験も存在しそれらの中でも細かく施工や管理の技術としての試験が存在します。1級の試験内容としては実務経験での経歴も視野に入れるということから実地試験は存在せず各学科試験のみを問われます。また金額についてはどちらも約1万円程度となっており受験の環境においては非常に取得しやすいものとなっております。

受験会場に関してはある程度決まった地域のみで行われるものとなっており各支店などで開催されるようなものではないので注意して確認しましょう。以上のように施工管理についての資格について長々と書かせてもらったのですが一般的な資格との違いとして施工管理の職に就くためにこのような資格をとるというものではなく職に精通しその技量を形として示すためのものとなっているためその他の資格のようなものとは少し形態として違います。

前述の通り取得にはかなりの時間が必要になりその対価があまり大きくないように感じられますがしかしそんなことはなくこのような資格を取ることによって社内での昇格の目安や他社への転職の際などに非常に有能な人材であるという証明となるため資格条件を満たすことができる環境になったら必ず取得することをおすすめする資格であるとも言えるでしょう。

これらのことからこのような資格は一般的な資格とは大きく違うため入社前などのモチベーションなどとはなり得るものですがこのような職に就くことを考えている人たちはしっかりとチェックしておくべきものであると言えるでしょう。