施工管理の仕事について語ります

施工管理の仕事の辛いところ

今回お話しさせてもらう題材として「施工管理の辛いところ」というものなのですがこの仕事としての多く挙がる不満というものを簡単に紹介したいと思います。まず一つ目にして最も問題視されている部分は残業の多さにあります。

この職業において残業も基本的な業務の一部といえるほどの環境であります。このような状況を生み出す原因としては仕事の量がとにかく詰め込まれその毎回の作業に追われることが当たり前の環境になっている部分です。基本的な業務に関して朝から晩まで現場での監督作業が基本となりそれらの土台である計画の設計などは業務時間外に強いられてしまうことが確立してしまっている部分にあります。

このようなことに関連して言えることはパソコンが使えないと残業もさらに伸びてしまう傾向にあるということです。このような現場業務にもかかわらずほぼすべての場合においてデスクワークでの残業が強いられます。このような時にワードやエクセルの技術の有無では非常に作業効率も変わってくるので注意すべき点であると言えるでしょう。

また二つ目の点は対価としての給料がそれほど高くないということです。基本的な給料としては安いということは全く無いのですが、前述の通り残業がかなり多い仕事となっているにもかかわらずそれほどの対価としての給料は見合っているとはとても言えるようなものではないということです。このような点で不満が挙がることが非常に多く見受けられます。次に三つ目の点は業務日数の配慮の低さです。

連勤に関しては非常に緩くひどい場合では百日連勤ということも耳にするほどの厳しい環境も存在し、さらにそれらのことに残業が必ず加わるということから精神的にも肉体的にもかなり負荷のかかる仕事とも言えるでしょう。

また仕事の案件に関してムラがあるということも考えられるため歩合制というシステムに関しては生活面でも大きなダメージを受けるものになっております。最後に挙げるものとして業務に対する責任の重さについてです。責任に関しては毎日の業務に続いてさらに残業、過酷な労働日数という場合にも現場で働いている人が存在する限り責任というものがどうしてもついて回ってしまいますこのような過酷な重圧に耐えることができなく辞職する人も少なくありません。

これらの通りにかなり多くの点について挙げさせていただきましたが勿論それだけではないかもしれませんが企業というものである限り善良な環境を提供してくれる企業も非常に多く存在します。それらの点も踏まえて考えたときにもっとも大事な部分はよりよい会社選びが必須になってくると考えられるのでそのようなことを第一に考えて多くの方に会社選びを実行してほしいものです。